里帰り

里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産というと初めての妊娠の時などには比較的多くの人が行うようですが、これも二人目、三人目となるとなかなかそういったこともできないという人も多くなるようです。
里帰り出産なら両親に甘えて安心して出産することができるという反面甘えすぎてしまったりとデメリットになることもありますから慎重に考えることも必要ですからできれば妊活の時点からしっかり考えておくとよいでしょう。

里帰り出産を行うメリットというと何といってもわがままを言うことができる両親のもとで安心して出産することができる、出産後も子育ての先輩である母親が手伝ってくれるのですが安心していることができますね。
核家族が増えている現在では出産後に自宅に戻っても赤ちゃんのお世話だけに集中することは難しく何かと家事を行ったりすることも必要となってきますから、体にも精神的にも負担を負うということにもなりますが、実家であればそういったことも無く安心です。

とはいってもメリットばかりでないのが世の中、実家が遠方であったりするとお父さんが出産に立ち会うことができない可能性があるのはもちろん、日々変化していく赤ちゃんの成長を見ることができないということもあります。
また、もっと困ってしまうのは妊娠中と出産の時に受診する医師が変わるということですね、出産の際にもそれまでの経過がよくわからないままということになりますから、対応が大変になるということもあります。
お母さんにとっても検診などで慣れてきた医師や看護士ではない方と接することになりますからコミュニケーションがうまく取れないという可能性もありますね。

さらには、旦那さんの両親の問題ということもありますね、ここもしっかり納得してもらった上で行わないと後々まで尾を引いてしまう可能性もありますから注意が必要です。

特に近年では高齢出産が増えてきていますから妊活して妊娠出産にいたるような場合には、妊活の時からお世話になって医師とは別の医師となるとリスクも高くなる可能性がありますよね。
出産は危険を伴うことになりますから、その辺もきちんと考えておいたほうがよいでしょうね。

少なくとも里帰り出産を行うのであれば事前に出産予定の病院での受診を行っておくことも大事ですし、検診をお願いしている病院にも早めにそのことを伝えておくことが必要でしょう。
必要な情報をきちんと伝えることができるようにしておかないといけません。

里帰り出産はメリットだけでなくデメリットとなることもありますからその両方をよく検討したほうがよいでしょう。
妊活中にしっかり夫婦で旦那さんにどこまで手伝ってもらうことができるのかまた、旦那さんの希望も考えてよく話し合って決めるようにしましょう。