里帰り

陣痛室ってどんなところ?

分娩室というと出産するための部屋ということになりますが、陣痛室というと何のための部屋になるのでしょうか。
出産の時には分娩室よりも分娩室にいる時間の方が長くなることも多いですからどんな感じになっているのかを確認しておくと病院選びの参考にもすることができるかもしれませんね。
妊活中にちょっと下調べをしてみるのもよいでしょう。

陣痛室は分娩室に入る前の準備を行うための部屋となります。
分娩室に入るのはもうすぐ赤ちゃんが出てくるという状態になってからになりますから陣痛が来ていてもまだ時間がかかりそうな状態のときにはまずは普通の病室に入院ということになり、その後だいぶ近づいてきたとなると出産のための準備を行うために陣痛室に入ることになります。
といってもこれはあくまでスムーズに行ったらの話しであって時には陣痛室をしようすることなく分娩室に行くということもあります。

陣痛室で行うのは分娩の進み具合を確認するための分娩監視装置を付けたり万が一に備えて血管の確保を行ったり点滴を行ったりする部屋となってきます。

陣痛室がどのようになっているのかは病院によってちがってきますが、個室となっているところもあればカーテンなどで仕切られて数名が入ることできるようになっていたり、分娩室と陣痛室がつながっていたりとなっています。
旦那さんや家族が入ることができるところもあれば入ることができないところもありますからそのへんもきちんと確認しておいたほうがよいでしょうね。

陣痛室に入るときには陣痛もかなり激しくなってきていますから何とかその痛みを紛らわすための準備をしている妊婦さんもいます。
ボールであったりと人によって違いはありますが、事前に部屋がどんな感じであるのかを確認して持ち込みたいものなどを別に準備しておくと旦那さんでもスムーズに持ち込むことができるでしょう。

また、飲食に関しても大丈夫な場合もあれば禁止されていることもありますから確認しておきましょう。

陣痛室は自分が何とか痛みを乗り越えることができるような部屋を選ぶんも病院選びには大事な事かもしれません。
妊活中に、そんなことを考えながら病院選びをしてみるのもよいかもしれませんね。