里帰り

逆子のリスクを知っておこう

妊活中には妊娠するためのことだけでなく、妊娠してからのこともしっかり勉強しておくとよいでしょう。
妊活すると言うことは妊娠するための準備ということになりますから体の準備だけでなく知識や気持ちも備えておくということも大事なことになってきますね。

妊娠すると多くの人が一度は言われるのが逆子です。
逆子と言われたらびっくりしてしまうのではないでしょうか、でも逆子がどういったものであるのか、どんなリスクがあるのかといったことを理解しておけばそれほど驚いてしまったりすることも無く対処することができるでしょう。

まず、逆子がどういった状態かですが、通常赤ちゃんは頭から生まれてきますが、逆子の場合には簡単に言ってしまうとその逆の状態であったりおしりだったりします。
逆子というと帝王切開を行わないといけないと思って言う人もいるかもしれませんが、必ずしもそういったことも無くお腹の中でどのような状態になっているのかによって帝王切開のほうがよいのか普通分娩で大丈夫なのかを判断することになります。

とはいっても通常の出産よりもリスクが高くなることは確かなことで、通常は頭から生まれてきて自然に呼吸を行うことができるのですが、逆子の場合には頭が最後ということになりますから、その間に産道で圧迫された状態になります。
出産に時間が時間がかかればかかるほど圧迫された状態がつづくことになり赤ちゃんの頭に酸素がいかない状態が続いてしまうということになります。

リスクを考え最初から帝王切開にすることも多くなっています。

一度逆子といわれたからといっても逆子は直すことができることも多いので体操などを行って出産までに直すことができれば一番よいでしょう。
逆子を直す方法は体操だけでなくいくつかありますからまずはきちんと指導されたことを守るようにしましょうね。

また逆子になる原因ということもはっきりとは分かってはいないもののなんとなく予想されていることがありますから、妊活中から改善できるところは改善しておくといいですね。

逆子は予防をすることもできますし、多くの場合で体操などで直すことができますから心配してストレスを負ってしまうのではなくきちんとそのリスクを理解した上で改善できるような努力を行うようにしましょう。
妊活中からも冷え性改善など逆子対策を行うこともできますから備えておくこともよいでしょう。